新商品の紹介

2016年10月28日 (金)

パッチワークツリー

やっと秋らしい気候になってきましたね。
先週は台湾に行ってきました。斉藤の講習会の手伝いです。
台湾はまだまだ暑く湿度もすごく高くて、成田に戻ってきたら空気が澄んで冷たいなあって感じました。
いつもだと(なんていうほどの経験はありませんが)成田に着くと空気がもわーってしているなあって感じるのに・・・
秋の空気は気持ちがよいですね。

台湾の話もブログに書きたいなあ、早く書かないと忘れてしまうcoldsweats01
でも今日は昨日からウェブで販売しているパッチワークツリーの作り方です。

三角をつないでツリーを作りました。この方法で作るツリーはいろいろありますよね。
クリスマスのプリントをそのまま三角に裁って作れば簡単ですが、ちょっとだけ手間を加えて裁ち切りの布をアップリケして作ってみました。

Photo_2
初めに6枚の三角で作ってみたらあっという間に出来上がったので10枚でも作ってみました。キットでは10枚のものが1つ作れます・・・・もしかしたら6枚のものが2つ作れるかも。
でも木の布は1つ分です。アップリケの布は多めに入っています。

アップリケに使ったのはこのUSプリント。素朴でおしゃれなデザインです。
この布単品での販売はございませんm(_ _)m
Photo_3


表布はセンテナリープリントを使っています。

まず表布を裁ちます。
Photo_4


次にアップリケ布をカット。布を直接カットしてもよいのですがアイロン両面接着シートが便利です。ほつれにくくて、しつけも要りません。
Photo_5

モチーフより大きめに切った接着シートを布の裏に貼ります。

モチーフをカットします。
Photo_6

柄の部分より5ミリぐらい大きめにカットするのがポイント。おおざっぱなラインでカットする方がよいでしょう。

接着シートの台紙をはがします。
Photo_7


表布にモチーフをアイロンでつけます。
Photo_8


写真は3枚分ですが、まとめて全部作ってしまうのがおすすめ。
Photo_9

アイロン接着シートを使わないときはモチーフの外回りをしつけで縫いとめてくださいね。


ミシンでモチーフを縫いとめます。端から2ミリぐらいのところを縫います。
かわいく目立つように赤い糸がおすすめ。
Photo_10

Photo_11


表布と同じ大きさに裁った裏布を中表に重ねて、キルト綿の上に置きます。
Photo_12


返し口を残してミシンをかけます。ミシンの糸はに変えましょう。だから全部まとめて作業をするとよいですよscissors
Photo_13


余分なキルト綿を切り落とします。写真にはないのですが、角の部分の縫い代をカットすると角がきれいに出ます。
Photo_14


表に返して角を目打ちで整えます。
Photo_15


返し口を閉じます。
Photo_16


木を作ります。表布を中表に折ってキルト綿の上に重ねて、返し口を残して縫います。
Photo_17


余分な綿を切り落とします。以下、三角と同様です。
Photo_18


三角と木が出来上がり。
Photo_19


配置を決めて
Photo_20


三角の角を縫い合わせます。糸が白いのはそのままボタンもつけてしまうから。
Photo_21

ボタンはシンプルに貝ボタンが良いかなって思うのですがお好みでどうぞ。
6枚のは直径1㎝の二つ穴、全部同じボタンを使いました。
10枚のは自宅で作ったのでいろんなボタンを使っています。
着なくなったシャツを捨てるときになんとなくとっておいたボタンがたくさんあるのです。

木と三角をすくい閉じで縫い合わせます。表側だけでなく裏側も縫い合わせてくださいね。
Photo_22

Photo_23

出来上がりheart02 てっぺんにテープやリボンをつけると飾るときに便利です。
Photo_24


この方法、ご覧のとおりとても簡単です。かわいいプリント布を見つけたらぜひ試してくださいねheart04 プリントに合わせて三角の大きさを変えてもよいですねheart01

|

2016年8月10日 (水)

新刊本とトートバッグ

キルトパーティは明日から夏休み。
といっても私には宿題がたーくさん・・・残念coldsweats02
でもこの異常な暑さでは外出なんて考えられません。
オリンピックを見ながら作品作り頑張りますsign03

以前にも少し紹介したことのある、斉藤謠子の新刊本が入荷しました。
タイトルは「Scrap Valley」。フランスの出版社が作りました。
Photo

伝統的なパターンをたくさんのハギレで作ったタペストリーやバッグが
きれいな写真とともに紹介されています。

大草原の小さな家のような雰囲気で作品が撮影されています。
Photo_2

日本の本にくらべると作品のアップの写真が多いので
どんな布を使っているのかがよくわかります。

説明は左頁がフランス語、右頁が英語。
図もついているので言葉がわからなくても大丈夫sign02
Photo_3

価格は¥5,400。遠くフランスから送られてくるのでちょっとお高めでゴメンナサイ。
夏休み明けのメルマガで紹介する予定にしています。
インターネットでお買い物ができない方は注文書にご記入いただいてもOKです。
ご不明の点がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
もちろん市川のお店でも販売しています。

英字とストライプのトートバッグを作りました。

作り方は大・小同じ。
英字模様の布と太いストライプの布を利用して作ります。
キットではどちらかのサイズのバッグが一つ作れます。
Photo_4


大きいのは肩に掛けられて、とても便利。
Photo_5


小さいのはお手頃サイズ。マチが深めなので見た目以上にものが入ります。
Photo_6


作り方をさらっと紹介します。

簡単な形ですが型紙を作るのがおすすめ。
Photo_8

カレンダーや包装紙など白い大きな紙をとっておいて、型紙にしています。
文鎮を置くと作業がしやすいです。

縫い代はきちんと測りながらカッターでカット。
Photo_10


上部分と下部分をつないでから脇と底を縫います。
Photo_11


縫い代を割ってマチを縫います。
Photo_12


中袋も同様に作ります。キットの説明書にはありませんが
中袋にポケットをつけると便利です。
Photo_13


表袋と中袋を中表にして縫います。
中袋の裏には薄の接着芯をはりました。
表布がしっかりとした布なので接着芯は無くてもよいかも。
Photo_14


持ち手もストライプの布を利用して作ります。
色部分を中心にして布を裁ちます。
Photo_16


持ち手を輪にして半分に折ります。
Photo_17

もう1度内側に半分に折ってミシンステッチをします。
Photo_18

表に返したバッグに持ち手を載せてしつけをかけ、ミシンで縫います。
Photo_19

脇の縫い代部分はかなり厚くなります。
太いミシン針を使ってゆっくりとミシンをかけてくださいね。

しばらく暑い日が続きそうです。
体調には気をつけてくださいねsun

|

2016年6月18日 (土)

ふわっふわのストール( ^ω^)

今日は暑かったですね~まだ6月sign01ですよねsign03 この先どうなるのでしょう。
暑いのと同じぐらいクーラーで冷え冷えなのが苦手な私にはつらい季節の到来です。
電車やスーパーマーケット・・・・冷たい風の直撃で頭痛がしてくることがありますweep
そんな私の必需品はストールです。

先日、今までになかったようなふわっふわの肌触りの布が入荷しました。
とても細い糸で丁寧に織られた布を起毛加工しています。
綿100%で、とても軽くて夏にもぴったりheart04
早速お店のスタッフのKさんがストールに仕上げてきてくれました。
写真だとわかりにくいのですが、薄いグレーです。フリンジ部分はこげ茶色。
薄いグレーなのにこげ茶色って不思議ですね。
先染め布は縦糸と横糸の色の組み合わせで微妙な深みのある色を作るのです。
この布は縦糸がこげ茶、横糸は白です。フリンジは縦糸が見えています。
Photo

プリント布の裏表で十字の形にアップリケ。
Photo_2

私も色違いの紺色で作ってみました。まずは布を1.8mにカットして半分の幅にしました。
耳部分を切り落とします。
Photo_3

フリンジにするため横糸を抜きます。
ちょっと時間がかかるけどこういう作業は好きです。
糸がとても細いので引っ張ると途中で切れてしまうから、地道にそっと抜くのです。
あると便利なのは細い目打ち
目打ちで横糸をひっかけます。
Photo_4

縫いた横糸です。濃いブルーでした。
フリンジができたら両端を折ってミシンステッチ。
Photo_5

グレーとお揃い・・・というよりは新しいデザインを考える気力がなくて、
そのまんま真似っこhappy01
見本と同じように作るのって楽だなあってしみじみ思います。
おなじみの両面接着シートを使いました。
シートに十字の模様を描いて、布の裏に貼ります。
Photo_6

裁ち切りで布を裁ちます。
Photo_7

アイロン接着して刺しゅう糸2本どりでザクザク縫って縫いとめます。
Photo_8


私はマルチワークを使いました。
Photo_9

マルチワークは初めから2本どりになっているので便利なのです。
でも残念なことにマルチワークは廃番になってしまいました。
メーカーに在庫がなくなり次第、キルトパーティの店頭からもなくなってしまいます。
マルチワークって普通の刺しゅう糸にくらべるとかなりお得なんですよね。
どうもメーカーさんもそのことに気がついてしまったようです。

こんな感じで出来上がりました。写真だと紺の色目がちょっと残念coldsweats01
深みのあるきれいな色なのに。
Photo_10

肩にかけたり、膝にのせたり・・・・出かけるときにバッグに入れておくと安心です。
こちらの布は1メートル¥1944です。用意ができ次第ウェブでも販売する予定ですscissors

|

2016年3月17日 (木)

第2回通信販売が始まりました\(^o^)/

すっかりご無沙汰してしまいました。
どうにも花粉症が辛くて・・・正確に言うと花粉症の症状は薬でほぼ抑えているのですが、その薬のせいで眠くて眠くて・・・夕飯を食べると何にも出来なくなってしまうのです。今日はお菓子を食べながら頑張っています。何か食べていると起きていられるのですが、この方法は毎日は使えませんcoldsweats01
薬局に置いてあった冊子の記事から。アメリカの研究によればアレルギー性鼻炎と花粉症による従業員1人あたりの損失は年間約7万円。日本の就業者数と花粉症の有病率で計算すると約1兆2000億円!・・・スカイツリーが18本建つ、新国立競技場なら8個・・・・だそうです。で、どうすればいいのって言いたくなる。
それにしても7万円かなあ、気持ちとしてはもっともっと損しているような気がする。

さて、第2回通信販売が始まりましたsign03
今回から通信販売で紹介する布、全種類を17㎝正方にカットした全種類セットを販売します。パソコンの画面や小さな見本では分かりにくい布の色合や柄の雰囲気を確かめることができるので、タペストリーなどに大きく使うときの配色にも便利かなと思います。
布セットを使って12㎝のパターンも作ってみました。12㎝は3と4の倍数なので製図が楽なのです。この企画はこれからも続ける予定です。気に入ったパターンを作りためてサンプラーキルトに仕上げてもよいですね。もう少し大きくしたい方は125%に拡大して15㎝で作るのもおすすめです。でもピースによっては17㎝正方の布では足りない場合もあるので注意してくださいね。

ストライプドバスケット(縞のバスケット)の紹介です。
型紙を見ながら布を並べて確認です。
Photo

出来上がりはこんな感じ。
Photo_2

もう1枚作ってみました。まず布を並べてみます。
Photo_3

ブロックを作っていきます。
Photo_4

Photo_5

出来上がり。
Photo_6

ベース部分の先染め布。ストライプの向きを揃えるには三角のピースの置き方を考えてくださいね。もちろん揃っていなくてもOKですnote
図で説明すれば簡単なので・・・・次回、図をUPします。

|

2016年2月24日 (水)

レッツトライの新しいシリーズが始まりました

すっきりしない天気が続いています。でも、もっとすっきりしないのは私の目と鼻weep
今年も花粉の季節がやってきました。
花粉症でない人には花粉の季節なんてないんですよね。
職場のNさんが「国が花粉を作らない杉の木を植え始めているらしい」と教えてくれました。そんな気の長い話・・・それよりこの目の痒さをどうにかして欲しいです。

気分を変えてかわいい写真から。
先週のことですが、都内で用を済ませたついでに天気がとてもよかったので上野公園の辺りを散策してきました。

水仙とユリカモメ。
初めて知ったけどユリカモメの声はかなり残念な感じでした。
Photo

河津桜が満開
Photo_2

梅もきれいでしたよ。
Photo_3

さて、新しいレッツトライのシリーズ「ほのぼのファームのタペストリー」が始まりました。
今回は素朴なアップリケで作るカントリー調のタペストリーです。アップリケがあんまり得意でなかったり好きでない方でも楽しく作ることができると思います。

1回目はこの2枚のパターンを作ります。全部で6枚のパターンを作ってボーダーをつけて出来上がり。ボーダーのデザインはまだ決まっていませんcoldsweats01
でもきっとかわいくできるはずheart04
この図案のように比較的大きな布をアップリケするときはしつけで縫いとめてからアップリケをするのがおすすめです。アップリケをするときは土台布を文鎮で押さえると作業が楽ですよ。文鎮はセール中ですscissors
Photo_4

鳥の目は水玉の布を効果的に使っています。アップリケの周りは刺しゅう糸で縁取り、アップリケの凸凹が隠せます。
Photo_5

裏面は土台布をくり抜きます。いつもと同じ方法ですね。
Photo_6

もう一つ、素朴な細かいチェックの布セット「ラブリーチェックセット」の紹介です。
このセットをお買い上げの方に北欧風のかわいい小物を刺しゅうした「北欧のプレゼント」の作り方コピーをプレゼントしています。

刺しゅうは八角形のピースを裁ってからではなく、大きな布の状態でする方が楽です。
小さなピースにすると刺しゅう枠に張れません。
Photo_7

刺しゅうが中心に来るように型紙をのせます。マルチデザインペーパーは半透明だから便利です。
Photo_8

全体のピースワークはこんな風にまず横につなぎます。外回り以外は全部、印でとめる縫い方です。
Photo_9

作り方のコピーにキルティングラインの説明がありませんでしたね。
おすすめのキルティングラインは刺しゅうキルトの周りに落としキルト。
8角形のピースは1㎝幅の斜めの線。
四角と三角のピースはピースごとのキルティング。
ボーダーは4等分に縦、横の線・・・・文章ではわかりにくいですよね。
次回、コピーに線を引いた写真UPしますsun

|

2016年2月15日 (月)

タイルヘキサゴンのタペストリー

昨日の暖かさから一転、今日は寒い1日でした。今日、私は仕事が休み。天気予報は曇りと言っていたような気がして自転車で出かけたら、帰りは冷たい雨にしっかり降られてしまいました。絶対に風邪はひきたくないsign03生姜のシロップを入れた熱い紅茶を飲んで暖かくしました。

今日は第1回の通信販売からタイルヘキサゴンのパターンの紹介です。
何気ないパターンなのですが、枚数をつなげていくと味わい深いパターンなのです。ヘキサゴン(六角形)というのもよいですよね。
「国産アンティーク風プリントセット」をお買い上げの方に作り方のコピーを差し上げています。

キルトにするとこんな感じになります。ここまでたくさん作らなくても、好きな枚数でやめることのできるパターンです。
Kouno


それでは簡単に作り方の説明です。早く作ろうと思ったら1度に数枚を同時進行で作るのがおすすめ。あんまり多いと飽きてしまうので、4枚ぐらいがお手頃かなと思います。
1

縫い代はハギレ側に倒します。
2

ここからは縫い代は外に倒していきます。
3


4

同時に3つのピースを待ち針で留めてしまいます。そうするとミシンをまとめてかけることができるので早いのです。
5

手縫いの場合は1辺ずつでよいと思います。
ミシンの場合は待ち針をたくさん用意します。おすすめはこちら。針が細いので布にすっと刺すことができるのです。
と言いつつこの写真ではシルクピンが多いですね。シルクピンは経済的でおすすめです。

後はこの繰り返し。3枚ずつピースをつけて、縫い代を外に倒していきます。
6

パターンの出来上がりの写真を撮り損ねてしまいましたが、キルトのアップはこんな感じです。
Up

柄がうるさくない生成り系の布とハギレを組み合わせると布合わせは簡単です。見本は1枚のパターンを2種類の布で作っていますが、生成り系の布1種類といろんなハギレを組み合わせて作ってもかわいいと思います。
布セットのプレゼントということで見本は布セットの布だけで作っているのですが、皆さまが作るときはぜひ他の布も入れてくださいね。チェックや大柄も混ぜた方がずっとすてきになります。布のトーン(濃さ)は揃えた方が無難かな。でも時々濃い色や薄い色があるとパターンが目立ったり、ぼやけたりして、それがアクセントになるんですよね。
布合わせは悩み始めるときりがありません。悩むより作ってしまった方がよいですscissors

キルトパーティの通販サイトからキルトパーティニュース(郵便でお送りしているカタログ)がご覧いただけるようになりました。
ズームで大きく見ることができるし、おすすめ商品が簡単にわかるし、とても便利happy01と私は思っていますheart04

|

2015年12月21日 (月)

ハギレつなぎのハウスのポーチ

2日連続のブログ更新heart04heart04 
今日も第8回通信販売から、ハギレつなぎのハウスのポーチの紹介です。このポーチは9月のブログで紹介したものを作り直してキットにしたのです。左が今回のポーチ、右側が9月に作ったポーチ。二つ並ぶとロボットの顔みたいです。
Photo_25

9月に作ったポーチは実際に使用中。お財布に入りきらないカードとリップクリーム、自転車の鍵を入れています。
Photo_26

今回の見本にはネコはついていませんよcatキットにする大きさにネコの布を用意するのはちょっと無理です。今回の通販の布からでしたらこちらの布がおすすめです。どの部分を使おうか迷ってしまいそうheart01 使いたい部分を縫い代分だけ大きく裁って針先で縫い代を折り込みながらアップリケします。輪郭はおおざっぱでもかわいいです。
Photo_27
ブルーの布 生成りの布

ポーチの作り方は9月のブログを参考にしてくださいね。

キットにはハギレがたくさん入っていて、1枚のハギレで屋根の四角のピースを2枚取ります。ハギレの残りは捨てないでsign01もう1枚四角のピースを取ることができるのです。
スタンプがとても便利で手軽です。
Photo_28

四角のハギレで作ることができるパターンはたくさんあるのですが、まずはナインパッチを作ってみました。9枚全部をばらばらにすると布合わせが難しいので4枚は同じ布にして5枚をハギレにしています。
4枚の布は柄のうるさくない布がおすすめです。
Photo_29

テレビを見ながらちくちく縫って6枚出来上がり。
Photo_30

ミシンで一気に縫えばすぐできてしまうパターンですが、ちょっとずつ作るのが楽しいです。いつの間にかパターンがいっぱい集まって何か形になったらよいなあheart04

|

おさるのサニーのポーチ


第8回通信販売
が始まりました。今日はその中からおさるのサニーのポーチを紹介します。キットにはちゃんと作り方のコピーが入っていますが、写真を見るのが一番わかりやすいですよね。ぜひ参考にしてくださいませhappy01

既に気づいている方もいらっしゃるかと思いますが、サニーくんにはお兄さん?がいます。左がサニー。右は数年前に私が作ったポシェットです。
Photo

ではプロセス写真を一気に並べてしまいます。
顔の布を裁ちます。布の裏に印を写すので型紙の向きに注意です。
2

頭の布にも印を写します。頭の布、写真では分からないのですが坊主頭のような触り心地が気持ちよいのです。
Photo_2

頭の布をカットします。前側は裁ち切りです。
Photo_3

顔に頭を載せてしつけをかけ、ブランケットステッチでアップリケをします。
Photo_4

顔の型紙はマルチデザインペーパーで作るのがおすすめ。顔の図案に切り込みを入れておきます。
Photo_5

型紙を使って顔の刺しゅうの線を写します。刺しゅうをします。
Photo_6

耳を作ります。耳の裏布は表から見えることもあるので薄茶ぐらいの色目が無難です。
表布と裏布を中表に合わせて返し口を残して縫います。
Photo_7

カーブにいせ込みを入れます。
Photo_8

表に返して返し口を閉じます。
Photo_9

耳の位置を写します・・・こんなことしないで適当な位置に載せてしまっても全然構いません。
Photo_10

耳を縫いとめます。全部は縫いとめない方がかわいいheart02
Photo_11

裏布と中表に合わせて縫います。キットに裏布は入っていないのでお好きな布でどうぞ。見本はベージュのギンガムチェック。ちょっと地味でしたね。
後ろ側は向きが逆になります。
印の線はウールより裏布の方が見やすいので裏布を見ながらミシンをかけるのがおすすめです。
Photo_12

切込みを入れます。
Photo_13

いせ込みをします。
Photo_15

表に返して返し口を閉じて、外回りをランニングステッチで一周縫います。
Photo_16

後ろ側にはポケットをつけました。スイカやパスモにぴったりのサイズにしました。
耳と同じように裏布と表布を中表にして縫っています。
Photo_17

途中の写真を取り損ねてしまいましたが・・・ポケットは表に返して縫い代を折りこんで端ミシンです。
後ろ側に載せてミシンで縫いとめます。リールやハンドルをつけるためのコードを縫いとめます。
コードの上に布を載せてミシンで縫います。布を下に倒して3辺をまつります。後ろ側の出来上がり。
Photo_18

Photo_20

ファスナーをつけます。
Photo_21

Photo_22

前側と後ろ側を外表に合わせて巻きかがりで縫い合わせます。ウールだと針目があまり目立たないので、そんなに丁寧にしなくても大丈夫bleah
針はしっかりとしたブラックピーシング針がおすすめheart04
Photo_23

ファスナー飾りをつけて出来上がり。裁ちきりの布をブランケットステッチで縫っただけの簡単なファスナー飾りですscissors
Photo_24

表布のウールと裏布を縫い合わせるときはミシンが必要ですが、それ以外はとても簡単sign03
普通の綿の布で作るのでしたらキルト綿を重ねて仕立ててキルティングを入れるのがおすすめです。ファスナーの別売りもあります。ぜひ作ってくださいねsun

|

2015年11月 6日 (金)

第7回通販が始まりました

お待たせしました。第7回の通信販売が始まりました。
Quilt Party (The international site)

紹介したいものはたくさんsign03あるのですが、今日はまずミッドナイトクリスマスの最終回から。

ジグザグのパターンのボーダーをつけて仕上げました。簡単なパターンですが奥行が感じられて中のアップリケが映えます。トップが出来上がればキルティングはそれほど大変ではなさそうです。早く作って飾ってくださいね。
見本作品も今キルティングを入れていますhappy02
Let_3_2

ボーダーは3種類の布、3種類の型紙で作るシンプルなパターンなので、まずは必要なピースを全部裁ってしまうと効率的です。
三角は写真のように無駄なく裁ってくださいね。枚数もきちんと数えておきます。適当に裁っておくと後から何度も数えることになりがちですcoldsweats02
Photo

白いプリント布の印付けは布用の布用のシャープペンシル(芯は黒)がなんといっても簡単できれいです。
シャープペンシルの芯の色は薄い色には黒、濃い色には白、いろんな色が混ざったような布にはピンクやブルーがおすすめです。今回はお得な替え芯と合わせてセール価格になっていますのでこの機会に是非そろえてくださいね。

先染め布2種類も全部裁ちました。
Photo_3

少し凸凹のある先染め布の印付けにおすすめなのは色鉛筆です。シャープペンシルだと芯が細くて布の凹凸に負けてしまうのです。
Photo_4

この色鉛筆は普通の色鉛筆よりは芯が柔らかくて、でもチャコペンよりは芯が硬いので減りがそれほど速くないのが良いのです。
でも後から消すことができないのでキルティングラインを引くときなどには使わないでくださいね。
こんな感じのざっくりとした布や裏に糸がわたっているような布の印付けにもおすすめです。濃い布には白が見やすいです。
Photo_5

もう一つ紹介しますsign01秋から冬にぴったりのウールのショルダーバッグを作りました。落ち着いたウールのチェックに刺しゅうのアクセントを加えたショルダーバッグです。
Photo_6
ウールのワンショルダーバッグ(クロスステッチ)

抜きキャンバスのマス目を数えながらクロスステッチでハチを刺しゅうしました。
Photo_7

刺しゅうが終わったら糸抜きを使って抜きキャンバスの糸を抜くのです。楽しい作業です。
Photo_8

Photo_9

刺しゅうの出来上がり
Photo_10

色違いのチェックでもう1つ作りました。素朴なステッチとボタンがアクセントです。
Photo_11
ウールのワンショルダーバッグ(タペストリーウール)


次回はセンテナリーコレクションの紹介・・・の予定ですpaper


|

2015年10月29日 (木)

来年のドームはピーターラビットです

 東京ドーム・キルトフェスティバルの前売り券の発売が始まりました。毎年言っていることですが本当に一年が早くてどうしたらよいのでしょうsad
来年のキルトフェスティバルでは斉藤謠子はピーターラビットの世界を担当します。
斉藤謠子製作のポスターです。
Photo

まるで絵本そのもののような仕上がりですが全部アップリケと刺しゅうで作られているのです。
昨年のムーミンもなかなか大変だったけど、毛が生えていない分かなり楽だったのかも・・・今となってはそんな気すらしています。私は見ているだけですがcoldsweats01
とても大変な作業ではあるけれど、アップリケの上に毛並みの刺しゅうが加わると一気に表情が出て来るのです。そしてキルティングが加わるともっと素敵になるはず。生徒さんとスタッフの作品、50点余りが展示されます。乞うご期待ですsign03

めざましテレビ(朝のフジテレビ)でイマドキガール(そう呼ばれているモデルさん)がタッセルを作りましたってリポートしていたのです。そんな話を職場でしたらタッセルメーカーと糸を撚るハンディヤーンツイスターのサンプルがあるよってことになり早速作ってみました。材料は家にある毛糸です。編み物も好きなのでセーターやマフラーなどを作った余り毛糸がたくさんあって、時々捨てちゃおうかなと思ったりもしたけど捨てないでおいてよかった。

まずは「よりひも」作り。
ハンディヤーンツイスターにしっかりと毛糸を結びます。
(商品ページは10月29日11時に表示されます)
Photo_2

一人で作業をしているので実際に使っているところは撮影できません。
夜なので影もあってひどい写真でゴメンナサイbleah
ハンディヤーンツイスターの使い方は動画を見ると簡単にわかります。
https://www.youtube.com/watch?v=huOrrB9ccT8

「よりひも」の出来上がり。
並太毛糸を使ったのですが50回ぐらいギアをくるくる回しました。もう少し回してもよかったかも。タッセルは厚紙で作れるけれど、この「よりひも」は道具がないと難しそうです。
Photo_3

タッセルメーカーを使ってタッセル作り
(商品ページは10月29日11時に表示されます)
Photo_4

こちらは説明書がなくてもできるぐらい理屈は簡単。でもちょっとしたコツがあるのでぜひ説明書を見てくださいね。
並太毛糸を23回巻きました。

中心を結んで、溝にハサミを入れて毛糸をカット。やっぱり厚紙で作るより簡単できれいにできます。
Photo_5

あっという間に3つ出来上がりscissors
Photo_7

バッグにぶら下げてみました
Photo_8

Photo_9

スタッフのバッグです。ボタンがついてかわいい仕上がりheart03
Photo_10

クッションにもつけてみました。
Photo_11

こんな本もあります。参考にしてくださいね。
手作りブックシリーズ おしゃれな手づくりタッセル
(商品ページは10月29日11時に表示されます)
Photo_12

|

より以前の記事一覧