日記・コラム・つぶやき

2017年7月25日 (火)

斉藤謠子先生と行くスウェーデン手工芸の旅

こんにちは。

梅雨明けして、学校は夏休みが始まったそうで…
毎日暑い☀😵💦ですね。

汗がすごくて冷房は必需品、でも、冷えすぎもツラいですよね。

冷房対策に「ストール」がおすすめ✋

斉藤謠子も愛用しています。
お揃いでいかがですか?

6月に行った「斉藤謠子先生と行くスウェーデン手工芸の旅」でもちょっと寒い時に重宝してました。
綿100%で、ふわふわしていて肌触りがやさしいです。

スウェーデンの旅は、Instagramでリアルタイムでご紹介していたので、
きれいな景色と、楽しいオブジェをご紹介します。

斉藤謠子の著者本「北欧キルト」「愛しいキルト」そのままの世界でした。

空の青色と木々の緑色、 たくさんの手作りに癒された素敵な時間でした。


007_2


001
002


004


006


003


005










|

2017年5月30日 (火)

お久しぶりです(^_^)/

今日も真夏のようなお天気sun
今年初めて半袖で出勤しました。パソコンに向かいながら自分の腕を久しぶりに見たらソバカスのようなシミのようなものがたくさん・・・いつの間にshock
そして季節はどんどん変わっていくのに鼻の具合だけはいまだにグズグズですweep
今はいったい何が飛んでいるのでしょう。

皆さまはいかがお過ごしですか。

明日までぎりぎり5月ということで鯉のぼりの写真から。

Photo

連休にちょっとした旅行に行ってきました。
新幹線の車窓からレンゲ畑を何度か見かけて、今年こそどこか近くで見られないかなあとスマホで検索。
レンゲ畑に着いたら鯉のぼりが勢いよく泳いでいて気持ちの良い景色でした。

先週は自宅から自転車で20分ぐらいの谷津バラ園に行ってきましたheart04

Photo_2

たくさんのお花に囲まれるのってとても気持ちがよいですよね。

一番癒されたのはこちら。

Photo_3

大きな蜂(写真右上の黄色いの、熊蜂かな?)が足を使って必死に花粉をかき集める様子が面白くて、いつまで見ていても飽きません。

5月10日は渋谷西武デパートのサンイデーでワークショップを行いました。
久しぶりの渋谷、私の予想では銀座線が今までと違うホームに到着するはずたったのですが、いつもの場所でしたcoldsweats01
あれっ?どこかで銀座線のホームが変わるって読んだような聞いたような・・・このごろ変な思い込みが多々あって要注意です。

ワークショップの生徒さんはこじんまりと3名。楽しくおしゃべりしながら小物入れを作りました。

Photo_4

時間切れになった方もきちんと仕上げてもらえているといいなあ。

本の作品もすてきに飾っていただいていました。キルティングの針目もばっちり見えました。

Photo_5

サンイデーは手づくりに関するいろんなものを扱っているすてきなお店です。手芸の本もたくさん!今は洋服と刺しゅうの本が多いみたいですね。
パッチワークの本は少なくてちょっとさびしかったです。


キルトパーティのワンデーレッスンは6月16日。ヨーヨーキルトと山道テープを使ってかわいいバッグを作ります。
皆さまのご参加をお待ちしています。前にも書いたような気がしますが・・・市川は東京駅から20分ぐらい。千葉県と言ってもアクセスがよいのです。

生徒さんが持っていらしたかわいいバッグを紹介します。

Photo_6


授業ではハウスのアップリケなのですが、かわいいキノコにアレンジして作られています。
キノコと一緒にスーちゃんも・・・・右から3番目。

後ろ面にもキノコが。こういうひと手間がぐっと作品をすてきにしますよね。

Photo_7

生徒さんからこんなかわいいポーチをもらっちゃいました。

Photo_8

マンスリーキルト4月号の小さなペンギンをアップリケ。マンスリーキルトの動物はどれもかわいいのでいろいろアレンジができそうですね。

最後は第4回通信販売のお知らせですsign03

今日は「ねこのコインパース」をご紹介。

Photo_9


すてきにハンドメイド6月号に掲載されている作品です。
見本作品と同じ布で材料セットを作りました。ネコ好きの方、ぜひ作ってみてくださいね。
作り方はすてきにハンドメイド6月号をご覧くださいませ。

フリースタイルファスナーを使っているので口が大きく開いて使いやすいのです。

Photo_10


お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、形は斉藤の本に掲載されているポーチとほぼ同じ・・・・仕立てが簡単でおすすめなのです。
ファスナー単品の販売もございます。
下に敷いている布はこちら。USの水玉プリント布。水玉のランダムな並び具合がかわいいのです。
色違いのピンクブルーもおすすめですsign03


今、スマホでこのブログ確認してみたら・・・・なぜか3枚の写真が横向きに・・・
どうしてでしょう・・・原因不明です・・・ゴメンナサイcoldsweats02
パソコンは問題ないようです。

|

2017年4月18日 (火)

催事のご案内とポーチの作り方

夏のようなお天気です。天気予報で28度とか聞くと「今、何月だっけ?」と一瞬本当にわからなくなって焦ってします・・・・今週の金曜日はスプリングマーケットに向けて荷物を出す日sign03だから今は4月ですね。
まさかこのまま夏に突入ということはないはずだけど、さわやかな春は本当に短いですね。

スプリングマーケット以外にも皆様にお知らせしたい催し物が2つあります。

西武渋谷店にあるおしゃれな手芸屋さん「サンイデー」 (4月19日現在、HPにはまだUPされていません)で「私たちが好きなキルト」の作品が展示されます。ケースの大きさがあるので全部の作品ではないのですが。
5月10日には「ハギレで作る小物入れ」のワークショップも予定しています。渋谷、めったに行くことがありません。自宅からだと地下鉄で行くのですがホームの場所も変わってしまって地下から脱出するだけで一苦労coldsweats02
せっかく渋谷まで行くのだから帰りはどこかに寄ってこようかな。
日程は4月25日~5月15日です。



銀座にある「森岡書店」で「斉藤謠子のハウス大好き」の作品が展示されます。森岡書店は1週間で1冊の本だけを売るおしゃれな本屋さん。
日程は5月9日~14日 時間は午後1時~8時
住所は銀座1丁目28-15です。

どちらも本の作品をじかに見ることのできる数少ない機会です。ぜひいらしてくださいね。



今日のメインはこちらです。スプリングマーケットに向けて「8の字ひっかけ金具で作る1枚布のポーチ」を作りました。キットにはもちろん作り方が入っているのですが、わかりやすさでは写真が一番。しっかり写真を写しながら作ったので紹介します。
ちょっと長くなってしまうのですがザーッと見てくださいませ。

出来上がりがこちら。大きな模様がおしゃれな綿麻キャンバス地を使っています。

2



大きな柄なのでどこを使おうかなって型紙を置いて確認します。そういう時の型紙は半透明の素材が便利です。表面で場所を決めたら印は裏側に写します。

1



柄に向きがあるので表袋布は2枚、中袋布は底を続けて裁ちます。


2_2



表袋布の底を縫い合わせて縫い代は片側に倒します。


3



ファスナーは布に合わせた色合いのカラフルファスナーを使用。中心に合印を入れます。


4


表袋布にファスナーを中表にのせてしつけをかけミシンで縫います。
中袋布を重ねてから縫ってもよいのですが、まずは表袋布とファスナーを縫ってしまったほうが簡単のように思います。


5


中袋布も重ねて、表袋布のミシン目を見ながらもう一度ミシンです。


6


7

ファスナーつけには片おさえがねが必需品です。



ファスナーがつきました。


8


端ミシンをかけます。

9


10



ファスナーのもう一方も同じようにつけます。


11


12



ファスナーがつきました。


13



裏にひっくり返します。ファスナー部分を中心にして表袋布どうし、中袋布どうしをそれぞれ中表に合わせるようにします。
赤い線(脇)をミシンで縫います。そのとき中心のまるで囲んだ部分はファスナーが邪魔で縫うことができないのですが、それでOKです。

15


底側(右側の丸部分)も2cmぐらい縫わないでおくとマチをつまむとき楽です。


16



マチをつまんで縫います。


17


4か所のマチを縫ったところ。


18


表袋布と中袋布のマチ部分を縫い合わせると中綴じになります。


19


マチの縫い代は切り落とします。

20



表に返して口部部をつまんで縫います。


21



中袋布はもたつくのですが適当に押し込んで縫ってしまって大丈夫sign01


22



タブを作ります。裁ちきりの接着芯(厚)をはります。

23



縫い代を接着芯の通りにたたんでしつけをかけてミシンでおさえます。


24



金具に通してミシンをかけます。(赤い線部分)


25

ポーチの先にかぶせて手で縫いとめて出来上がり。


Photo


Photo_2

見本は2つしか作れなったのですが他にもいろんな柄でセットを作りました。
小さいけどタブの色がポイントです。お好きな布で作ってもよいですね。


Photo_3



こんなバッグも作りました。モノトーンが大人な雰囲気のバッグ。アリスのティーパーティの柄なのです。


Photo_4


同じ形でクジラのバッグも作りました
これからの季節にピッタリsun波の模様がマーカーで描いたようなとてもいい感じhappy01

Photo_5


今日紹介したバッグはスプリングの後には名古屋、大阪の催事でも販売する予定です。
お楽しみにheart04

|

2017年4月 4日 (火)

インドネシアに行ってきました

桜も咲いて春本番ですね。
ちょっと前まで花粉なんだか風邪なんだか、とにかく3割ぐらいのパワーしか出ていない感じだったのですが
数日前から花粉をほとんど感じなくなってすっきりです。
やっとブログを書く元気も出てきました~

つくしを見つけないと春の気分になりません。近所の道端で見つけて一安心happy01

Photo


今年はレンゲも見たいなあ。
子供の頃はよく見かけたのに、いつからか全然見かけなくなりました。
最後に見たのは数年前のはくたか(越後湯沢から金沢に行く電車)の車窓からの風景です。
市川近郊でレンゲが咲いているところ、ご存知の方がいらしたら教えてくださいませ。

さて、もう遠い事のようにも思えますが3月の初めにインドネシアに行ってきました。
斉藤の講習会のお供です。

羽田空港から8時間ぐらい。
映画を見ているうちに寝てしまい、しばらくしてからもう一度見直したけど最後はやっぱり寝てしまって・・・とかしているうちにジャカルタに到着。
空港に着いたら不思議なことに入国審査の前なのに講習会を主催してくれる方が迎えに来てくれていましたeye
いろいろ日本とは違うみたいです。

空港からは車でホテルへ。ジャカルタの渋滞はなかなか大変です。毎日が大型連休初日の渋滞みたいです。

ホテルはリゾートのような雰囲気で緑がとてもきれいでした。

Photo_2

特に気に入ったのは胡蝶蘭。大きな木に胡蝶蘭がくっついているのです。胡蝶蘭が外にあるだけでなんだかうれしいです。

Photo_3

講習会の始まりに私まで花束をいただいちゃいました。

Photo_4

会場の準備をしていたら棚の上に無造作に花束が2つ置いてあったので、予想はついていたけど・・・日本だとどこかに隠しておきそうですよね・・・うれしかったです。
私、花束もらったの初めてのような気がします。

斉藤が実演すると手元をしっかり見ようと生徒さんが周りを囲みます。生徒さんの熱気でクーラーの冷気が斉藤には届かず汗びっしょりでした。

Photo_5


2日間の講習会の最後には卒業証書を渡しました。なぜか日本語。日本語の方がありがたみが増すみたいです。
右側は生徒さんが持ってきた斉藤の本の山。講習会にはサイン会が欠かせません。

Photo_6


私の本を持ってきてくれた生徒さんもたくさんいらっしゃいました。
私の本と言えば・・・ちょっと話は変わりますが、編集の方からメールをいただきました。
スペイン語版がロサンゼルスの図書館(カリフォルニア州で一番大きい図書館だそうです)のスペイン語の本で最も人気のある10書に選出されたそうです。
スペイン語なので何が書いてあるかは全然わからないけど写真はしっかりわかります。
不思議な気分です。


話戻って、生徒さんが持ってきてくれた「すみれのキルト」2枚。
絶版になってしまった斉藤の本の作品です。とてもきれいにできていました。

Photo_7


Photo_8


講習会場で記念撮影。斉藤がスマホで撮ったらみんなとびきりの笑顔。インドネシアの方たちは写真を撮るのも撮られるのも大好きで笑顔がとても自然です。
私も見習わなければcoldsweats01

Photo_10

会場の外での写真撮影。

Photo_11


最終日、夜遅くのフライトだったのでジャカルタの中心街にあるバティック美術館に連れて行っていただきました。
イメージしていたバティックプリントとは全然違うヨーロッパ風のデザインや気の遠くなるような細かいデザインのものなど、すてきな作品がたくさん。本物はちがうなあとつくづく思いました。
建物のタイルのデザインもキルトに生かせそうですよね。

Photo_12

バティックプリントの作業も体験しました。

Photo_13

溶かしたロウを図案の通りになぞっていきます。細いストローがついたようなものでロウを垂らすのですが、ロウはすぐ冷えて固まってしまって簡単にはいかないのです。美術館で見たような作品を作るにはどれだけの手間と時間がかかったのか、想像するだけで気が遠くなりそうです。

最後に食事の写真。バリの料理のお店で。

Photo_14

大切なお客様をもてなすお料理だそうです。
バナナの皮をお皿のようにしておしゃれですよね。
真ん中のご飯を周りのおかずと一緒にいただいて、とってもおいしかったですheart04

|

2017年3月 5日 (日)

春ですね

今日は暖かかったですね。

私は久しぶりに買い物へnote
気に入ったスニーカーを見つけたのですが私のサイズがなかったので取り寄せて自宅に送ってもらうことにしました。
そこで店員さんからアイパッドを渡されて名前と住所を入力してくださいって言われたのです。
画面を見るとあいうえお、かきくけこって平仮名が縦に並んでいます。銀行のATMで振り込みをするときの画面です。
「えっ?普通のキーボードは?」って聞いたらすぐに店員さんが変えてくれたのですが・・・
アイパッドでこんな入力の方法あるんだってちょっと驚き、でも普通しないよね・・・もしかしてお客さんに合わせて変えている?
パソコンに縁がなさそうに見える年齢仕様?考えすぎかなあ。

帰りはちょっと足を延ばして河津桜を見てきました。
ヒヨドリがひたすら花の蜜を吸っていました。

Photo


桜祭りは来週の日曜日ってあったけど満開の時期はとうに過ぎてましたねwobbly

Photo_2


第1回の通販は終わりに近づいているのですが・・・
アンティーク風USプリント布セットの紹介です。
正六角形と正三角形2つの型紙でかわいいパターンを作りました。

六角形には紅茶で染めたようなアンティーク風のプリントを使って、三角形は濃いめの色合いのいろんなハギレを選びます。
まずは六角形の一辺に三角形のピースをどんどんつなぎます。

1


2


もう一辺にも三角形をつないでひし形の出来上がり。

3


配色を考えて並べます。

4


列につないで出来上がり・・・って完成写真は撮り忘れましたが
色合わせもピースワークもとても簡単。そして飽きが来ないパターンです。

5


生徒さんのすてきな作品も紹介しますheart04

斉藤の本のバッグとお揃いのポーチ。ポーチは生徒さんのオリジナルです。
ベースの布は斉藤が本で使っているものと同じ布。随分前の貴重なものです。

Photo_3

八の字ひっかけ金具を使ったポーチは人気があります。

Photo_4


こちらも同じ生徒さんが作られたバッグです。

Photo_5

パッチワーク通信に掲載された作品をアレンジしています。
パッチワーク通信に掲載された作品は私がデザインして生徒さんに作ってもらったのですが、その時のことがとても懐かしく思い出されます。

刺しゅうがすてきなバッグ。形は斉藤の本から。刺しゅうのデザインは樋口由美子さんの本からです。

Photo_6


最後にふくろう。こちらは既にインスタグラムでも紹介しています。
右側が生徒さんの作品。同じ型紙でもちょっとお痩せさんなのが面白いですねhappy01

Photo_7

Photo_8

|

2017年2月 7日 (火)

風が冷たい一日でした(。>0<。)

まだまだ寒い日が続いていますね。
今日はお休みで久しぶりに出かけたのですが、風が強くてとても冷たかったdash
そして確実に花粉が混ざっている気配を感じましたweep

春がそこまで・・・・って喜べないのが花粉症の悲しさです。

でもこの季節、私のお気に入りは菜の花(食べる菜の花)ときんかん。
どちらもちょっと苦いところが好きです。
この時期だけって思うとほぼ毎日のように買ってしまいます。
菜の花って本当に強いですよね。ちぎってビンにさせば絶対咲きます。

Photo


キルトフェスティバル(東京ドーム)はいかがでしたか。
私は全部で5日間行ったのですが、キルトパーティのブースとワークショップのコーナーしか行かなかったようなcoldsweats01
斉藤の展示コーナー、3枚だけ写真を紹介します。

バッグがたくさん。こんな風にたくさんのバッグを近くで見ることができる機会はなかなかないです。

Photo_2


スウェーデンの家のような雰囲気。左奥の小さな作品は私が作ったものだったので思わず写真を撮ってしまいました。

Photo_3


すてきな家が作られていてその中に作品が飾られていました・・・って作品は全然見えませんね。
本物の水仙がとてもきれいでそっちがメインになってしまいました。

Photo_4


ワークショップも無事終わりました。外国からのお客様も数人いらっしゃいました。
モンゴルからいらした方が持っていたバッグ。ありったけの日本をイメージして作られたのかなあ。

Photo_5


このモンゴルの方は(名前を聞いたのに忘れてしまいました、ごめんなさい)去年もワークショップに参加されていて、4人の子供を親とダンナさんに預けて毎年ドームに来ているっておっしゃってました。

話変わって、1月のブログに書いたクルミの続きですheart04

上手に割れた殻を使ってかわいいピンクッションがたくさんできました。
作ったのは私ではありませんよ。

Photo_6

1枚布じゃなくてピースワークをした布を使っているのがおしゃれ。


Photo_7

テープがついているのがポイント。ひっかけて使えます。布もビンテージです。


Photo_8

こんなにたくさんsign03 一人で作りました。 ウールもよいですね。私は上野ZOOのパンダをもらいました。


クルミのピンクッションの話題が出たとき夫から聞いた話です。
江戸川沿いの道をランニングしていた時のこと。
カラスがクルミを空から落として割っているのを見たsign01そうです。
草の上に落ちた時はくわえなおして、もう一度上からコンクリートの上に落とす。
2回目で割れたと思ったら別のカラスが横取りしようと飛んできて、でもどうにか割ったカラスがクルミを食べたsign01
その時のカラス。確かにクルミをくわえている。

Photo_9


私の最大の疑問は江戸川のカラスがどこで殻つきのクルミをゲットできたかですsign02

|

2016年11月27日 (日)

来週はキルト展です (´▽`)/

すっかりご無沙汰しているうちに11月も終わってしまいます。
バタバタと忙しくブログにできるようなネタがなかなか見つからなくて・・・・今日はちょっとしたお知らせなどです。

キルトパーティのキルト展もいよいよ来週です。
遠くに出かけるのはちょっと面倒だなあという寒い毎日ではありますが、ぜひいらしてくださいね。
12月7日(水曜日)から10日(土曜日)まで。
場所はキルトパーティの最寄り駅市川の1つ千葉寄りの駅、本八幡から歩いて10分ぐらいの市川文化会館です。
申し訳ないのですが、斉藤は金曜日の午後と土曜日は不在です。

市川のお店ではセールも行っています。お店にもぜひお立ち寄りくださいねheart04

スタッフが「すてきにハンドメイド11月号」のバッグを作ってきました。

2

偶然にも色違いでした。収納力が抜群!脇のポケットが便利!と使い勝手がとてもよいのです。
右のバッグはポケットの高さを少し低くしています。
左のバッグについているロゼッタ(ブローチ)がかわいいscissors
布によって随分印象が変わりますね。
私もどの布で作ろうかなって検討中です。

11月18日は2回目のワンデーレッスンでした。2時間では最後まで出来上がった方がいらっしゃらなかったので写真はないのですが、きっとご自宅でしっかり仕上げてくださったと思います。
向きがあるのでちょっと複雑な型紙の取り方や簡単なピースワークのレッスンをしました。
それほど難しいことをしているわけではないのですが、実際の作業をしながらの説明はとてもわかりやすいのではないかなって思います。
本で説明を読むよりも、実物を見る方がずっと理解が早いですよね。
次回は2月16日(木)アップリケのレッスンです。皆さまのご参加お待ちしていますwink

ワンデーレッスンに参加された生徒さんの作品です。

Photo

私の本に掲載されているリングのタペストリー。見本と同じ雰囲気でとてもかわいくできていました。
この次の作業のアップリケについての質問のために持っていらっしゃいました。
レッスンの作品以外にも知りたいことがありましたらお気軽に声をかけてくださいね。

先週の木曜日(24日)千葉県にもしっかり雪が降りましたsnow
その翌日、紅葉を見に養老渓谷(千葉から電車で1時間15分ぐらいのところ)に行ってきました。
市川や船橋の雪は積もることもなかったのですが、養老渓谷の辺りはしっかり積もっていて山が白い水玉模様のよう。
初めて見るなんだか楽しい景色でした。

もみじと雪。

Photo_2

スニーカーは泥で大変なことになってしまいましたcoldsweats02

紅葉はこんな感じ。猿もいましたよ。

Photo_3

でも一番うれしかったのはカワセミを見かけたこと。きれいな青い羽根とオレンジ色のお腹が一瞬だけどしっかり見えました。
裸眼では細かいものは全然見えないけど、遠くはしっかり見えてよかったlovely

|

2016年11月11日 (金)

台湾の講習会

一気に寒くなりましたね。今日の朝は冷たい雨で、思わず真冬用のダウンを着てしまいました。
半袖とダウンの間が短すぎます。毎年秋に着ている薄手のジャケット、今年は出番がありませんでした。

そんなわけでとても暑かった台湾での講習会が本当に遠い事のように思えるのですが・・・・ちょっとだけブログで紹介します。

インスタグラムをチェックしてくださっている方はご存じの事ですが、10月17日から21日まで台湾に行ってきました。
毎年開催されている斉藤の講習会のお手伝いです。
成田空港から3時間ぐらい、映画を1本見終ればついてしまうという近さです。
海外出張は乗換が大変だったり通訳がいなかったりとドキドキのものも多いのですが、台湾はもちろん直行便、空港には迎えの人も来てくれているので気持ちはすごく楽です。

空港に着いたらホテルに直行して講習会の打ち合わせ。
打ち合わせが終わったらディナー。久しぶりに聴いたリチャードクレイダーマンの流れるレストランでまさしくディナーといった感じ、ナマコのスープに、大きな魚の姿煮などなど・・・
でも写真を撮るような雰囲気ではなくて・・・写真はありませんm(. ̄  ̄.)m

台湾のお酒事情を少しだけ。
まずはビールで乾杯。ここまでは普通なのですがその先がちょっとというか非常に面倒なのです。
最初の一杯が終わってもっと飲みたいなあって思っても誰かと乾杯しないと次に進めないのです。
たとえば「先生、明日からよろしくおねがいします」とAさんが斉藤に声をかけます。そうするとAさんと斉藤がコップをちょっとあげて乾杯みたいなポーズをしながら飲めるという仕組み。
つまり誰かから声をかけてもらう、もしくは誰かに声をかけないとお酒が飲めない。
私のようにおまけの立場だと声をかけられる機会も少なく、かといってこちらから声をかけるのも苦手だしcoldsweats02
ちょっとぐらいいいかなあと勝手に飲んだりすると、誰かに見つかって「お疲れ様です」なんて声かけられてバツが悪かったりするんですよね。

ディナーの後はちょっとだけ散策。台湾のお店はとても遅くまで開いているのです。

インスタグラムでも紹介したマンゴーかき氷。
Photo

マンゴーもしっかり入ってこのボリュームで600円ぐらい。
かき氷というよりはシャーベットを削ったような感じでした。おいしかったheart04

そしてお茶のお店に。
Photo_2

おいしいウーロン茶をごちそうしてくれました。
本格的に淹れると違うなあって思いました。

翌日は台北で講習会。
会場の定員いっぱいの80名の生徒さんでした。
斉藤の手元がしっかり見えるように撮影しながら大きなプロジェクターに写して授業を進めます。
Photo_3

最初はビデオの撮影が上手くいかず画面を見ていたら船酔いのようになってしまいましたbearing


作品のまわりには生徒さんがいっぱい。
Photo_4

スマホでひたすら撮影します。
台湾のスマホはシャッター音が全然しないので静かでした。
エトフで作ったブラウスをお召しの生徒さんもいらっしゃいました。

台北、台中、高雄と3日間連続で講習会でした。
こちらは高雄での講習会の様子。
Photo_5

やっぱりスマホでずっと撮影しています。

講習会の様子はどこも同じ感じなのでお昼ご飯を紹介します。
夕食の方が内容はずっと楽しいのですが写真を撮るのがはばかれる雰囲気なので・・・

ランチはいつもお弁当を控室で食べます。
台湾で弁当はこう書きます。
Photo_6

便ってどうなんだろうって思ってしまう。
この写真は駅で撮りました。高鐵は台湾の新幹線の事です。

お弁当の外観。入れ物は紙製です。
Photo_7


中身はこんな感じが定番です。お肉がどーんsign03
Photo_8


高雄ではお弁当は飽きたよねと麺を食べに行きました。
牛肉麺、麺はうどんに近くあっさりした味付けでおいしかったです。
Photo_9


これはランチではないのですが、今回の一番のヒット、揚げパンに練乳です。

Photo_10


写真だとフランスパンのように見えるのですが全然違っていて、肉まんのもちもちの皮部分を揚げたような中華風のパンです。
それに練乳をたっぷりつけて食べるのです。カロリーはすごいことになっているに違いないけど思わずお替りを頼んでしまうほどのおいしさでした。
四川料理の定番との話でしたが日本でもあるのかなあ。
フランスパンにイチゴ用のコンデンスミルクつけてみようかなって思ったけどやめました。
台湾で食べたからおいしかったのかもしれないし。

こんなにおいしいものがたくさんなのに台湾には太った人がとても少ないように思えます。
お茶をたくさん飲むことがよいみたいです。
講習会の会場には必ず給湯機がありました。

Photo_11

なんともレトロな給湯器。生徒さんはみんな大きな水筒持参でティーバッグにお湯を注いでいました。

最後に
来週の金曜日のワンデーレッスンに参加してくださる方、もう少しだけ募集していますnote

|

2016年10月 1日 (土)

ワンデーレッスン終わりました(o^-^o)

一昨日は初めてのワンデーレッスンでした。
ワンデーというより2時間レッスンなのですが・・・・
ちょうど2時間でこんなにかわいいブローチが出来上がり。
_r

ハウスが1番人気かなと思っていたのですが、ラッキーセブンが1番人気でしたね。
1番左のものはセブンではなくてナンバーワンです。
次回はクリスマスのオーナメントを作る予定にしています。
詳細が決まり次第ホームページにアップするのでチェックしてくださいね。

日曜日はポケットティッシュケースを作りました。
今さら~って感じではありますが、私は作るのが初めて。
友達にもらったものを随分長いこと使っていたのですが、ふと気がつくとものすごく汚れているweep
洗ってどうにかなるレベルではなさそうなので作ってみようかなあって。
初めは実物を見ながら作れば楽勝と思ったのですが、どうにも理屈がわからない。
ネットで検索したらたくさんありました。
1番わかりやすかったのは「ポケットティッシュの作り方」動画の1番に出てきたものでした。

一目見て気にいったピンクのプリント布で作りました。
Photo

わかってしまえば本当に簡単なのでブログ用に写真を撮りながら2つ作っちゃいました。
Photo_2

まずは水玉で作ったら線の引き方を失敗。次に魚のプリントで作りました。
奥にある花柄が友達にもらったもの。
ブログに写真を載せたらさよならします。
ポケットには老眼鏡の必需品、メガネクリーナをいつも入れています。

作り方を紹介sun
先ほどの動画も合わせて見ると簡単です。
考えるよりとりあえず説明の通りに作ればできちゃいます。

接着芯(薄)を14.5㎝×63㎝の裁ち切りで裁ちます。
しつこいようですが、線は引かずにカッターで切るのが簡単です。
Photo_3


布に芯を貼って布も裁ち切りで裁ちます。
Photo_4

右から4.5㎝、そこから13.5㎝、左から4.5㎝に線を引きます。
魚の布が63㎝に足りなかったので途中で接いでいます。

左右を4.5㎝(線のところ)接着芯側に折ります。
Photo_5

右側 もう1回折ります。赤線がティッシュの入れ口になります。
Photo_6


表面に返して線のところ(13.5cmの線)で折ります。
Img_1361_r

Img_1362_r



左側 表面に返した状態で写真のように折ります。
Photo_9

Photo_10

赤線がティッシュの入れ口。


写真のように左端を右端に合わせて折ります。
ティッシュの入れ口がつきあわせになります。
Photo_11


上下を縫います。端から1㎝のところをまっすぐ縫ってくださいね。
私の引いた線はすごく曲がっているけど・・・縫い線は引かずに縫っています。
この線は画像の上に引いた線です。
Photo_12


ここから表に返します。
角の縫い代を三角に切り落としておくと角がきれいに出ますよ
Photo_13


まずはこうなって
Photo_14

後ろからかぶせて・・・・出来上がり

Photo_15


出来上がりを単独で撮るの、忘れてしまいました~coldsweats01

|

2016年9月23日 (金)

インスタグラム始めました

インスタグラム始めましたheart04
ブログよりずっと簡単なので、いろんな写真をアップします。
ぜひこまめにチェックしてくださいねsign03




上にある斉藤の小さな丸い写真をクリックすればインスタグラムにアップされている
全部の写真がご覧いただけますscissors

キルト&ステッチショー、3日間はあっという間に終わってしまいました。
お越しいただいたお客様、ありがとうございました。
ドームにくらべるとブースがとても小さくてびっくりされた方も多かったようで・・・
ドームは例年通りの大きなブースで頑張りますgood

キルト&ステッチショーで展示されていた私のバッグ。
_r

テーマは使いたいバッグ?使えるバッグ?だったかなあ。
ファスナーがついて、大きなポケットがついて、肩から掛けられてと
とても実用的。
でもかわいすぎますよね~

ピーターラビットの世界展のお知らせです。
_r_2

札幌三越で10月3日(月)まで開催されます。
今年の東京ドームで展示されたピーターラビットのキルトも3枚だけですが展示されます。
まるで本物の絵のように見える、繊細な刺しゅうとアップリケで
表現されたピーターラビットの世界をぜひ実際にご覧いただければと思います。
布で作ったお花やドールキルトなども飾られています。

すてきにハンドメイド10月号はご覧いただけましたか。
今回は編み物heart01
基本の表編みだけで作ることができる三角ストールです。
材料の毛糸はスウェーデンから仕入れました。
この毛糸の工場は私も行ったことがあるのですが、昔ながらの
機械を使ってとても丁寧に毛糸を作っているのです。
この毛糸は段染めの色のグラデーションの出方がとても大きくて
きれいなのが1番の特長です。
でもその分、同じ色番の100グラムでも色の出方がそれぞれ違います。
どんな風に色が出てくるかは編みながらのお楽しみwink

ここ数日、急に涼しくなりました。
編み物の季節の到来ですね。

|

より以前の記事一覧