« 4枚はぎのバッグ(o^-^o) | トップページ | 台湾の講習会 »

2016年10月28日 (金)

パッチワークツリー

やっと秋らしい気候になってきましたね。
先週は台湾に行ってきました。斉藤の講習会の手伝いです。
台湾はまだまだ暑く湿度もすごく高くて、成田に戻ってきたら空気が澄んで冷たいなあって感じました。
いつもだと(なんていうほどの経験はありませんが)成田に着くと空気がもわーってしているなあって感じるのに・・・
秋の空気は気持ちがよいですね。

台湾の話もブログに書きたいなあ、早く書かないと忘れてしまうcoldsweats01
でも今日は昨日からウェブで販売しているパッチワークツリーの作り方です。

三角をつないでツリーを作りました。この方法で作るツリーはいろいろありますよね。
クリスマスのプリントをそのまま三角に裁って作れば簡単ですが、ちょっとだけ手間を加えて裁ち切りの布をアップリケして作ってみました。

Photo_2
初めに6枚の三角で作ってみたらあっという間に出来上がったので10枚でも作ってみました。キットでは10枚のものが1つ作れます・・・・もしかしたら6枚のものが2つ作れるかも。
でも木の布は1つ分です。アップリケの布は多めに入っています。

アップリケに使ったのはこのUSプリント。素朴でおしゃれなデザインです。
この布単品での販売はございませんm(_ _)m
Photo_3


表布はセンテナリープリントを使っています。

まず表布を裁ちます。
Photo_4


次にアップリケ布をカット。布を直接カットしてもよいのですがアイロン両面接着シートが便利です。ほつれにくくて、しつけも要りません。
Photo_5

モチーフより大きめに切った接着シートを布の裏に貼ります。

モチーフをカットします。
Photo_6

柄の部分より5ミリぐらい大きめにカットするのがポイント。おおざっぱなラインでカットする方がよいでしょう。

接着シートの台紙をはがします。
Photo_7


表布にモチーフをアイロンでつけます。
Photo_8


写真は3枚分ですが、まとめて全部作ってしまうのがおすすめ。
Photo_9

アイロン接着シートを使わないときはモチーフの外回りをしつけで縫いとめてくださいね。


ミシンでモチーフを縫いとめます。端から2ミリぐらいのところを縫います。
かわいく目立つように赤い糸がおすすめ。
Photo_10

Photo_11


表布と同じ大きさに裁った裏布を中表に重ねて、キルト綿の上に置きます。
Photo_12


返し口を残してミシンをかけます。ミシンの糸はに変えましょう。だから全部まとめて作業をするとよいですよscissors
Photo_13


余分なキルト綿を切り落とします。写真にはないのですが、角の部分の縫い代をカットすると角がきれいに出ます。
Photo_14


表に返して角を目打ちで整えます。
Photo_15


返し口を閉じます。
Photo_16


木を作ります。表布を中表に折ってキルト綿の上に重ねて、返し口を残して縫います。
Photo_17


余分な綿を切り落とします。以下、三角と同様です。
Photo_18


三角と木が出来上がり。
Photo_19


配置を決めて
Photo_20


三角の角を縫い合わせます。糸が白いのはそのままボタンもつけてしまうから。
Photo_21

ボタンはシンプルに貝ボタンが良いかなって思うのですがお好みでどうぞ。
6枚のは直径1㎝の二つ穴、全部同じボタンを使いました。
10枚のは自宅で作ったのでいろんなボタンを使っています。
着なくなったシャツを捨てるときになんとなくとっておいたボタンがたくさんあるのです。

木と三角をすくい閉じで縫い合わせます。表側だけでなく裏側も縫い合わせてくださいね。
Photo_22

Photo_23

出来上がりheart02 てっぺんにテープやリボンをつけると飾るときに便利です。
Photo_24


この方法、ご覧のとおりとても簡単です。かわいいプリント布を見つけたらぜひ試してくださいねheart04 プリントに合わせて三角の大きさを変えてもよいですねheart01

|

« 4枚はぎのバッグ(o^-^o) | トップページ | 台湾の講習会 »

新商品の紹介」カテゴリの記事