« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

第5回通信販売と大阪での展示会

アジサイがきれいな季節ですね・・・・昨年も同じことを書きましたcoldsweats01
近所の小さな公園できれいなアジサイを見かけました。
こんなにカラフルで大きくて、なのにいろんなところで簡単に見ることができる・・・
アジサイってよいなあ
Photo

さて第5回通信販売が始まりましたsign03

今日は布セットの紹介です。とても大きなお花のプリント柄を5枚セットにしました。
Photo_2

セットの名前は「ピオニー5色セット」布セットに名前をつけるのはいつも一苦労です。
この花は何の花なんだろう?シャクヤクっぽいかなあ。
シャクヤクではちょっとかわいくないなあ。
英語にしたらピオニー・・・よし!それで決まり。そんな感じですhappy01
大きく使うと色のグラデーションが生かせます。
大きな布をアップリケするハワイアンキルトのバッグを作りました。
大きめのシンプルなバッグで使いやすいです。
Photo_3
布セットをお買い上げの方にバッグの作り方コピーを差し上げます。

後ろ側はフリーハンドの斜めの格子。
Photo_5

線は引かないで一気にミシンをかけました。
20分で出来上がりgood
もちろんハンドキルトでもよいですよ。ハンドキルトだったら前面と
同じ模様にキルティングを入れるとすてきになりそうです。

斜めの格子のミシンキルトのポイントはまず格子4本分ぐらいの
間隔で全体に大きな格子のキルティングを入れます。
次にその格子の半分にキルティング。
もう1度半分にキルティングを入れます。
そうすると全体のバランスがとりやすいのです。
1度お試しくださいませ。

バッグの土台布は青の先染め布。糸の織りの模様がきれいです。
早速、通販のカタログがお手元に届いた方から電話がありました。
生地見本の色とバッグの色の写真が違うとのご指摘でした。
ごめんなさいthink生地見本の写真は少し暗めになってしまいました。
本物はバッグの写真の色目に近いです。

明日から大阪の阪急うめだで「斉藤謠子パッチワーク展」が開催されます。
新刊本「斉藤謠子のいま持ちたいキルトバッグ」に掲載された作品、
ピーターラビットをテーマに制作された作品などを展示します。
本の作品は材料セットの販売もございます。
ピーターラビットの作品は繊細な毛並みの刺しゅうをぜひご覧くださいね。

新しい斉藤謠子のオリジナルプリントを特別に先行販売致しますheart04
1枚布のバッグや洋服におすすめの少し厚手の大柄プリントです。

大きな葉っぱのプリント布。夏にぴったりの色合いです。
こちらのバッグは「斉藤謠子の毎日着る服、毎日持つ布バッグ」に
作り方が掲載されています。
Photo_6

シンプルなAラインのスカートを作りました。
さらっとした質感と厚さがちょうどよい感じ。
白いTシャツに合わせるだけでもおしゃれになりそうです。
Photo_7


写真はありませんがチュニックも作りました。
販売スタッフがモデルになりますbleah
スタッフのファッションにもご注目くださいね。

この布のキルトパーティ(店頭、通販とも)での販売は9月からの予定です。
もう少しお待ちくださいませ o(_ _)o

|

2016年6月18日 (土)

ふわっふわのストール( ^ω^)

今日は暑かったですね~まだ6月sign01ですよねsign03 この先どうなるのでしょう。
暑いのと同じぐらいクーラーで冷え冷えなのが苦手な私にはつらい季節の到来です。
電車やスーパーマーケット・・・・冷たい風の直撃で頭痛がしてくることがありますweep
そんな私の必需品はストールです。

先日、今までになかったようなふわっふわの肌触りの布が入荷しました。
とても細い糸で丁寧に織られた布を起毛加工しています。
綿100%で、とても軽くて夏にもぴったりheart04
早速お店のスタッフのKさんがストールに仕上げてきてくれました。
写真だとわかりにくいのですが、薄いグレーです。フリンジ部分はこげ茶色。
薄いグレーなのにこげ茶色って不思議ですね。
先染め布は縦糸と横糸の色の組み合わせで微妙な深みのある色を作るのです。
この布は縦糸がこげ茶、横糸は白です。フリンジは縦糸が見えています。
Photo

プリント布の裏表で十字の形にアップリケ。
Photo_2

私も色違いの紺色で作ってみました。まずは布を1.8mにカットして半分の幅にしました。
耳部分を切り落とします。
Photo_3

フリンジにするため横糸を抜きます。
ちょっと時間がかかるけどこういう作業は好きです。
糸がとても細いので引っ張ると途中で切れてしまうから、地道にそっと抜くのです。
あると便利なのは細い目打ち
目打ちで横糸をひっかけます。
Photo_4

縫いた横糸です。濃いブルーでした。
フリンジができたら両端を折ってミシンステッチ。
Photo_5

グレーとお揃い・・・というよりは新しいデザインを考える気力がなくて、
そのまんま真似っこhappy01
見本と同じように作るのって楽だなあってしみじみ思います。
おなじみの両面接着シートを使いました。
シートに十字の模様を描いて、布の裏に貼ります。
Photo_6

裁ち切りで布を裁ちます。
Photo_7

アイロン接着して刺しゅう糸2本どりでザクザク縫って縫いとめます。
Photo_8


私はマルチワークを使いました。
Photo_9

マルチワークは初めから2本どりになっているので便利なのです。
でも残念なことにマルチワークは廃番になってしまいました。
メーカーに在庫がなくなり次第、キルトパーティの店頭からもなくなってしまいます。
マルチワークって普通の刺しゅう糸にくらべるとかなりお得なんですよね。
どうもメーカーさんもそのことに気がついてしまったようです。

こんな感じで出来上がりました。写真だと紺の色目がちょっと残念coldsweats01
深みのあるきれいな色なのに。
Photo_10

肩にかけたり、膝にのせたり・・・・出かけるときにバッグに入れておくと安心です。
こちらの布は1メートル¥1944です。用意ができ次第ウェブでも販売する予定ですscissors

|

2016年6月13日 (月)

雨の月曜日 (o^-^o)

すっかりご無沙汰してしまってごめんなさいhappy02
今日は久しぶりの本降りの雨。長靴(レインブーツって呼ぶのかな)で出社しました。
この長靴を買ったのはちょうど1年前。長靴を買ったのはたぶん小学校か中学校以来rain
長靴って便利ですね。どうして何十年も買わないでいたんだろうって雨が降るたびに思います。

そんな話はどうでもよいとして・・・・

今日はすてきにハンドメイド7月号の材料セットを作りました。
4月から始まった連載「斉藤謠子の今、私のいちばん欲しいもの」
7月号はキルティングポーチ。4回目にしてやっとパッチワークキルトの登場です。
作品の写真もアップしようかなと思ったのですが本が出る前なのでやめておきます。
材料セットはこんな感じです。落ち着いた色合いのハギレがたくさんです。

Photo

ハギレの中で1枚だけ見本と材料セットの布が違うのですが、それ以外は全部見本と同じ布sign01
本に掲載されている写真よりもう少し優しい色合いです・・・・まだ本は発売されていませんが・・・
「8の字ひっかけ金具」っていう何とも面白いネーミングの金具を使います。
お楽しみにheart047月号の発売は21日です。


セッセ(大阪梅田阪急デパート)の準備も頑張ってます。
リネンの水玉プリントでバッグを作りました。形はどこかで見たことあるような・・・
以前紹介した葉っぱのバッグとほぼ同じです。リネンだから発色が優しくてよい感じheart02
持ち手の布の裁ち方、ちょっと失敗でした。左右が同じように出ないとダメですよねcoldsweats01

Photo_2

|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »