« 今日は真面目に | トップページ | 銀 »

2013年10月17日 (木)

HELP!!

行って参りましたよ、福島へ

実は、私達にはこの旅行にちょっとした不安があったのです6日の日に、お友達から人間用のアイスクリームを山ほどもらっちゃった次男坊の栗太郎が、案の定、翌日にお腹を壊してしまい、病院で注射と点滴をし、薬をもらい、旅行までには治るでしょうゆっくりさせておりました。日々、元気になってくれまして、あー、良かった~と安心しておったのですが・・・

さて、出発の12日、私達夫婦は二人とも仕事でしたので、仕事が終わり、家に帰ってからバタバタと準備をしておりましたら、「ぐえ、ぐえ・・」という音とともに、栗太郎があげたばかりのご飯を全部吐いてしまっている・・・

あー、なんか不安だしかし、もう、病院もしまっているし、どうにもできない!どうにでもなれと言う感じで、真夜中の1時19分に出発

100円の河川敷バッグも大活躍だすべての荷物がこれに納まったのだ、なんて、素晴らしいの

10171

1時19分。「119」という数字が不吉な気がして仕方がなかったけれど、桧原湖を目指して常磐道をひた走り、磐越道に入って車中泊真夜中の出発と言うのは渋滞がないので、大変にスムースあっと言う間に裏磐梯近くのサービスエリアに到着

見渡したところ、キャンピングカーなどもたくさん止まっているし、人もいっぱいいる、ヤンキーに絡まれそうもないので、安心して眠りに着く。朝になったら、カヤックだ良く寝ておかないと・・・

朝起きたら、こんなにきれい虹がかかっておりました

10172

こんなに綺麗な景色を楽しみながらカヤックができるなんて、なんて素敵
そう思いながら、サービスエリアのトイレでカヤック用の衣装に着替えますが・・・

これがまた、ピッタリしてしているので脱ぎ着が大変なのです脚の悪い私には、超強力スパッツみたいなズボンを履くのは至難の業しかし、急がないと集合時間に遅れてしまう

そんなこんなで、夫、私、犬2頭は、ライフジャケットと帽子をかぶれば完成というだけの格好に変身し、いざ、桧原湖へ向かったのですが・・・

10175

この日は、お天気は曇りでしたが、何しろ風が強く、白波が立ってしまっているので、今日は中止の可能性が高いとの事他のツアーの方が集まった時点で判断しますとのことでしたので、気合い十分、人間と犬、総額15万の衣装を身にまとった林家は、今か今かとその時を待っておりました

集まってきたツアー客というのが、一組はお若いご夫婦なのですが、びっくりな事にお母さんが、生まれたての赤ん坊を胸に抱いているそして、もう一組は、かなりご高齢のご夫婦だそして、皆さん、普通の格好だ。
若夫婦はジーンズにトレーナー的な感じですが、ご高齢のご夫婦に至っては、スラックスにワイシャツ、スワンボートにでも乗る感じである

そうなると、急に、やる気満々に見える私達が馬鹿みたいに見えてくる・・・・なんか、恥ずかしい・・・
脱ぎたいけれど、そう簡単に脱げないのよ、このスパッツみたいなの。

結局、その日は波が荒過ぎるという事で、中止となってしまいました

10174

せっかくの衣装もどこかで着替えなくては・・・・

しかし、中止という事は思い描いていなかったので、その後の予定が決まらない。何度も来てる福島はどこも観光地は観光済みである。

しかたなく、というかなんというか、寝不足だったので、15万の衣装を着たまま車の中で爆睡

桧原湖でのワンコカヤックは、今シーズンは今日で終わりと言う事でしたので、今回は残念ながらカヤックには挑戦できずでした

栗太郎はスタイルが良いので、何を着ても恰好が良い。カヤックの衣装だってとっても似合うのだ。だが、問題は、ずんぐりむっくりの小哲兄さん

10176

どうみても、「田植えの手伝い」にしか見えない、残念な子だ何か買ってあげようかなとペットショップへ行きましても、なかなか合う服が見つからない

10177

「ずんぐりむっくりの服はどこですか~?」

そして、今回は、14日からお友達とペンションで合流する事になっておりまして、一緒に遊んできました。お友達のワンコの名前は「ひじき」」チワワとマルチーズのミックス。めちゃくちゃ可愛いんです

10178_2

そして、帰宅の途に着いたのは15日の夕方。本当は、「ひじきちゃん」のお母さんは、最寄りの駅から新幹線で帰る事になっていたのですが、台風が近づいているとの事で、東北道で帰って家までお送りする事にしたのです。

高速に乗って、ちょっとしたら、「ぷ~ん」と臭ーい匂いが車内に充満したのですひじきちゃんのお母さんとは知りあって日が浅い。「ちょっとぉ、オナラしたんじゃない?」とか、言えるような間柄ではないし、夫にも何となく聞きづらい、もちろん、私ではない

しばらくして、匂いも消えたなーと思ったら、またも「ぷ~ん」と匂ってくる・・・

ついに、ひじきちゃんのお母さんが「ひじき、オナラしたかな?」と言いだした。やっぱり、臭いのは間違いない誰だ私の膝の上には、死んだように眠っている栗太郎。その横にへばりついている小哲兄さん。まずは、次男坊、栗太郎の尻尾のあたりに顔を持って行ってみると

それはもう、「バスガス爆発」

超、くっさい寝屁をしている・・・・

それが、何発も何発もするのだ。お腹の調子は悪いままだったのだ

外は台風で大雨で窓が開けられないので、地獄の臭さである

私のライフジャケットはどこだろう、肩に着いているホイッスルを鳴らして「HELP!!」というなら、今のような気がする

そんな、こんなで無事に戻ってきました

|

« 今日は真面目に | トップページ | 銀 »

旅行・地域」カテゴリの記事