« カッコイイ | トップページ | ドキドキするーー!! »

2013年7月10日 (水)

そう言われても・・・

毎日、暑いですねぇ

ここ連日の暑さで、我が家の小哲兄さんが下痢男になってしまいました

昨日の夕方、ピーピーになった小哲兄さんもう診察時間も終わっているので、朝になるのを待って動物病院へ行く事にしました。我が家には車が1台しかないので、夫が通勤してしまうと歩いて行くしかない

午前9時オープンの病院に間に合うように行くには、8時40分に家を出る事になるけれど、外はすでに猛暑となっていて、ピーピーの小哲兄さんを歩かせるわけにはいかないのです。なので、いつもの様にお隣のサンタ君からバギーをお借りして、病院まで出かけてきました

心臓に爆弾を抱えているらしい私、こんな炎天下を歩いても大丈夫なのかなぁ・・・

会社には1時間ほど遅刻する連絡をいれたけれど、一生行けない事にならないだろうか・・・

まぁ、死ぬ時は家でも死ぬんだから、普通にしていよう

と、小哲兄さんをバギーに乗せて歩く事20分こんなに汗をかいた事はないぜってくらいに汗だくで病院に到着

夏バテによる消化不良との事で、チクリとお尻に注射され、「フンギャー」と泣き喚いたあと、いじけてしまって目も合わせてくれない小哲兄さん

そして、またまた20分の道のりをテクテクと歩いてやっとの事で家に到着

分離不安の栗太郎は、バギーを見たときから大変だった小哲も栗も、どっちが乗せて行ってもらえるのか、ひたすらに家の中を走り回りながら、ピャーピャーと騒ぎ立て、小哲兄さんをピックアップして、バギーの中に押し込んだら、栗太郎が思いっきりジャンプして、頭からバギーに突っ込んでくるそうでなくても、サンタ君は小さいから、我が子達にはちょっと小さめなのです。小哲一人で満杯状態のバギーに、栗が刺さっている。どうみても犬神家の一族みたいな栗太郎をやっとの思いでバギーから引っこ抜いて、病院まで出かけてきたのだ。

その後の栗太郎は、かなり泣き喚き、姑になだめてもらっていたらしい。

なので、バギーから小哲を抜き出したとたんに、「次は栗ちゃん!」とばかりにジャンプして入り込んでいる。

7101jpg

我が家は、何でも小哲兄さんが先にやる。ご飯もオヤツもブラッシングも歯磨きも、すべて先住犬の小哲が先小哲が終わると「次は栗ちゃん」と掛け声をかけると、大変に喜んで尻尾をぶんぶんさせながら、所定の位置にやってくるなので、今回も「次は栗ちゃん!」と思ったのだろうか・・・

15分以上も入りっぱなしで、「動かして~」とばかりにピヨピヨ泣いておりましたが、ぜーーったいに無理っす

「じゃぁ、夜になって涼しくなったら家の周りを一周してあげるからね」と約束して、無理やり引っ張り出す

夜の散歩は夫に行っていただこう

|

« カッコイイ | トップページ | ドキドキするーー!! »

ペット」カテゴリの記事