« カルトン教授の大ピンチ! | トップページ | ハリとツヤ »

2011年11月14日 (月)

わーい!

週末は、ドキドキすることが目白押しでした

土曜日は、カルトナージュの初授業・・・アワアワしながらも、なんとか講師科の皆さんの前で授業をしました喉はカラカラ、手はブルブル授業の後、「緊張してるように見えなかったわよ」と皆さんおっしゃいましたが、緊張のあまり、何度も箱を机の上から落とす始末 あと5回の授業を何とか乗り切らなければ頑張るどー

そして、日曜日は、次男坊の栗太郎が初めて試験を受ける日です金曜日に降った雨のせいで、試験会場のグランドはグチャグチャ

初級の試験を受けるのは、全部で14頭。その中には、すでに上級クラスで指導を受けている子が2頭入っている栗は、まだクラブに入って3か月。「とりあえず、やってみっか!」と言う感じでエントリーしたものの、やるからには頑張りたいじゃないですかこんなところにもついつい、負けず嫌いがでてしまうのです

エントリーしてから2週間、毎晩、20分間の特訓を続け、休みの日は試験会場に出かけて、実際の動きを確認し、先輩達からいろいろ指導をしていただいたのです

その甲斐があったのかな

なんと!栗太郎、上級ラスの1頭を抑えて、準優勝してしまったのですぅ

わーい立派なトロフィーをいただいちゃいました

111401

ここなしか、栗太郎が立派に見えます

111402_2

うちの子、賢かったんだわ

実のところ、この勝利は棚からぼた餅的なのです。グラウンドが濡れていたせいで、「伏せ」をしない子が続出。そんな中、栗太郎は奇跡的に「伏せ」をしてくれたのです。

科目は5つ。

20mの距離を飼い主にちゃんとついてに歩けるかどうかの「脚足歩行」、その他に、「立って」、「伏せ」、「来い」、「マテ」をそれぞれ一回ずつ。合間には必ず「座れ」もやる

栗太郎も練習では、頑としてやらなかった「伏せ」。こりゃ、もうダメだなーと諦めつつ、本番案の定、「伏せ」と言ってみたけれど、がっちり座ったままの栗太郎。減点覚悟でもう一回、「ふーせ!」と言いつつ、地面をトントンとしてみたら・・・

ずるーんと言う感じで、伏せをしたのです。

やったわなんて親孝行なの、この子は

採点をしてくれた先生には「飼い主さんのやりたい事をとてもよく理解していて、コミニケーションがよく取れています。」と言われた準優勝よりも何よりも、栗太郎とのコミニケーション不足がパニック障害の原因とも言われていた我が家にとって、これほどうれしい事はないのです

ありがとう、栗ちゃん

そして、夜は栗ちゃんの準優勝を祝って、ヒレカツでパーティー

111403

今度は上のクラスをめざして、がんばるぞー

|

« カルトン教授の大ピンチ! | トップページ | ハリとツヤ »

ペット」カテゴリの記事